広島大学精神神経科医科学ロゴ
MENU
  •  臨床・研究グループ
  • —サイコオンコロジー・緩和ケアグループ
    サイコオンコロジー画像

    近年、緩和ケアは終末期だけでなく、診断後早期から行うことが求められており、がん患者の疾病経過全体に配慮して精神症状に対処できる、サイコオンコロジー専門医(精神腫瘍医)が必要とされています。また、対象疾患も心不全などがん以外にも広がってきており、より社会のニーズも高まっている領域です。

    当院には多職種からなる緩和ケアチームがあり、年間400件以上の依頼に対応しています。その中で精神科医が担う役割は大きく、その専門知識やリエゾン能力を生かし、チーム全体のコーディネートを行いながら診療にあたっています。

    さらに、遺族ケアや思春期若年成人患者(AYA世代)への対応、アドバンス・ケア・プランニングなどにも、多職種と協働して取り組んでいます。

    また、広島県内や全国の医療機関と定期的に勉強会や症例検討会を行い、科学的な視点を持ちながら、患者さん、家族の個別性を深く理解していく医療を目指しています。

    高まる社会のニーズに比べ、サイコオンコロジーや緩和医療を専門とする精神科医は不足しています。当院は全国でも数少ないサイコオンコロジーの研修・研究を行える医療機関として、医師の育成にも力を入れています。

    主な勉強会・カンファレンス

    • 毎週水曜:緩和ケアチームカンファレンス
    • 毎月第一・第三木曜:多地点症例検討会
    • (国立がんセンター、九州がんセンターなどと、テレビ会議による症例検討会)
    • 毎月1回:緩和ケア勉強会・抄読会(広島市民病院県立広島病院などと合同)
    • 取得可能な専門資格

      • 日本緩和医療学会 緩和ケア専門医・認定医
      • 日本サイコオンコロジー学会 登録精神腫瘍医