広島大学精神神経科医科学ロゴ
MENU
 学会
 2021. 07.02 第33回 日本思春期青年期精神医学会 
   
日時 令和3年7月3日(土)、4日(日)
場所 Web開催
参加費
  • 会員(医師)13,000円
  • 会員(医師以外)10,000円
  • 非会員 10,000円
  • 大学院生 5,000円
  • 学会会長 生田 憲正 先生(クリニックおぐら)
    大会会長 渡部 京太 先生(広島市こども療育センター)
  • 1日目(7月3日)
  • シンポジウム(13:30∼16:30)
    • テーマ
    • 『いまどきの子ども・今どきの親』
    •  
    • シンポジスト
    • 福島 太郎 先生(松田病院)
    • 小平 雅基 先生(総合母子保健センター愛育クリニック)
    • 飛谷 渉 先生(大阪教育大学保健センター)
    •  
    • 指定討論
    • 近藤 直司 先生(大正大学)
    • 増尾 徳行 先生(ひょうごこころの医療センター)
    特別講演 Ⅰ (17:00∼18:00)
    • テーマ
    • 『思春期に被爆した人の人生を支えたもの』
    •  
    • 発表者
    • 大澤 多美子 先生(草津病院)
  • 2日目(7月4日)
  • 特別講演 Ⅱ (9:00∼10:00)
    • テーマ
    • 『土砂が思春期病棟のある精神科病院に押し寄せてきた』
    •  
    • 発表者
    • 浅田 護 先生(浅田心療クリニック)
    ワークショップ (10:30∼13:00)
    • テーマ
    • 『子どもへのメンタライゼーション活用』
    •  
    • 発表者
    • 上地 雄一郎 先生(岡山大学大学院社会文化科学研究科)
    • 牛田 美幸 先生(国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター児童心療内科)
    • 西村 馨 先生(国際基督教大学)
    •  
    • 指定討論
    • 齊藤 万比古 先生(母子愛育会愛育相談所)
    特別講演Ⅲ・市民公開プログラム (14:00∼16:00)
    • テーマ
    • 『不器用ですから・・・コグトレを始めてみませんか?』
    •  
    • 発表者
    • 宮口 英樹 先生(広島大学)
    • 宮口 幸治 先生(立命館大学)
    参加登録
  • 大会ページより、事前参加登録が必要です。
  • 事前登録は、2021年4月12日10:00より6月13日23:59までとなっております。
  • http://jsaphp.com
  • 詳細 PDF
     2018. 12.01 第433回広島精神神経学会 
     
    日時 平成30年12月1日(土) 午後3時~
    場所 リーガロイヤルホテル広島
    Ⅰ.一般演題
    15:20~16:20
    座長:町野 彰彦 先生生(国立病院機構 呉医療センター・中国がんセンター 精神科)
    • 1. 急激な意識の変容を呈したため器質因と鑑別が重要であった精神病性の特徴を伴ううつ病の一例
    • 増田 直哉 先生(広島大学病院 精神科)
    •  
    • 2.切迫した精神病症状を伴ううつ症状に対し電気けいれん療法を選択せず薬物療法を行い寛解が得られた一例
    • 藤田 翔 先生(国立病院機構 呉医療センター・中国がんセンター 精神科)
    •  
    • 3. 広島県北部・安芸・認知症疾患医療センター?超高齢化地域での病院と行政の新たな取り組み?
    • 瀬川 昌弘 先生(医療法人せがわ会 千代田病院)
    •  
    • 4. 重度アルコール依存症に対するコミュニテイー強化アプローチとそのスーパービジョンの重要性について
    • 吉田 玲夫 先生(医療法人社団吉田会 吉田病院)
    •  
    • 5. プレアルコホリックに対する治療介入
    • 小山田 孝裕 先生(特定医療法人大慈会 三原病院)
    •  
    • 6. 弁証法的行動療法の拒薬患者への応用
    • 石橋 健一 先生(府中みくまり病院)
    Ⅱ.特別講演
    16:30~17:30
    座長:岡本 泰昌 先生(広島大学大学院医歯薬保健学研究科精神神経医科学 教授)
    •  
    • 「精神科医療/精神医学 ~島根大学に着任して目指すところ~」
    • 島根大学医学部精神医学講座 教授 稲垣 正俊 先生
    •  
    • 「歩んできた精神医学の臨床と研究 ~広島から熊本への展開~」
    • 熊本大学大学院生命科学研究部 神経精神医学分野 教授 竹林 実 先生
    •  
    詳細ファイル PDF
     2018. 06.30 第432回広島精神神経学会 
     
    日時 平成 30 年 6 月 30 日(土)午後4時~
    場所 リーガロイヤルホテル広島
    特別講演
    16:00~16:30
    「これからの精神医学・医療に向けて -広島大学の取り組み―」
    広島大学精神神経医科学教授 岡本泰昌先生
    詳細ファイル PDF
     2017. 12.29 第431回広島精神神経学会 
    日時 平成 29 年 12 月 9 日(土) 午後3時~
    場所 リーガロイヤルホテル広島
    Ⅰ.一般演題
    15:00~16:00
    座長:町野 彰彦 先生(広島大学病院精神科)
    • 1. 精神症状を主症状として発症した原発性副甲状腺機能亢進症の一例
    • 藤田 翔 先生(広島大学病院 精神科)
    •  
    • 2. 自閉症スペクトラム障害で通院中に意欲低下、食欲低下を認め、脳悪性リンパ腫と診断された一例
    • 瀬分 盛央 先生(広島大学病院 精神科)
    •  
    • 3. ミルタザピンの通常用量投与でセロトニン症候群を発症した一例
    • 安田 由美 先生(県立広島病院 精神神経科)
    •  
    • 4. 当院における周産期トータルサポートチームの活動
    • 岩本 崇志 先生(広島市立広島市民病院 精神科)
    •  
    • 5. 児童相談所における PCIT(親子相互交流療法)の取り組み
    •  
    • 安常 香 先生(広島県西部こども家庭センター)
    •  
    • 6. 55 歳 男性 強迫性障害の症例の治療経過について
    • 吉田 玲夫 先生(医療法人社団吉田会 吉田病院)
    •  
    Ⅱ.一般演題(2)
    16:00~16:50
    座長:高畑 紳一 先生(県立広島病院精神神経科)
    • 7. 悪性症候群改善後に悪性緊張病が疑われた患者に電気けいれん療法(ECT)を施行し奏功した一例
    • 土井 勉 先生(広島大学病院 精神科)
    •  
    • 8. 治療に難渋した回避制限性食物摂取症について
    • 上敷領 俊晴 先生(広島大学病院 精神科)
    •  
    • 9. IPS 個別就労支援の効果と可能性
    • 林 輝男 先生(社会医療法人清和会 西川病院)
    •  
    • 10. 失敗することを予想する前に、まず挑戦すること ―行動経済学と患者支援―
    • 石橋 健一 先生(社会福祉法人広島厚生事業協会 府中みくまり病院)
    •  
    • 11. 広島県立総合精神保健福祉センターにおける集団プログラム
    •  
    • 佐伯 真由美 先生(広島県立総合精神保健福祉センター)
    •  
    Ⅲ.特別講演
    17:00~18:00
    • 「思春期の理解と家族の接し方 -親ガイダンス入門-」
    •  
    • 座長:山脇 成人 先生(広島大学特任教授)
    • 演者:西村 良二 先生(福岡大学総合医学研究センター 教授)
    •  
    詳細ファイル PDF
     2017. 7.29 第430回広島精神神経学会 
    日時 平成29年7月29日(土) 午後2時~
    場所 リーガロイヤルホテル広島
    Ⅰ.一般演題
    14:00~15:00
    「新専門医制度の現状と課題:
    魅力あるプログラムで精神科志望者を増やすために」
    座長:山下 英尚先生(広島大学病院精神科)
    • 1.深部静脈血栓症および肺動脈塞栓症を併発した緊張病患者に電気けいれん両方が奏功した一例
    •    演者:土井 勉先生(国立病院機構 呉医療センター・中国がんセンター精神科)
    •  
    • 2.呉医療センターにおける気分障害患者に対する経頭蓋磁気刺激療法(TMS)の試み
    •    演者:大賀 健市先生(国立病院機構 呉医療センター・中国がんセンター精神科)
    •  
    • 3.20年間ひきこもっていた青年への社会復帰支援について~精神科デイケアにおけるかかわり ~
    •    中村 浩平先生 (広島市精神保健福祉センター)
    •    座長:竹林 実先生
         (国立病院機構 呉医療センター・中国がんセンター精神科、同センター臨床研究部精神神経科学)
    •  
    • 4. 自閉スペクトラム症の二次障害と障害告知ー自己破壊的行動を繰り返した症例を通じてー
    •    小林 弘典先生(広島大学 精神科)
    •  
    • 5.広島市民病院緩和ケアチームが、精神症状に対して介入した症例に関する検討
    •    倉田 明子先生(広島市立広島市民病院 精神科)
    •  
    • 6.パターナリズムに陥る理由とインフォームドコンセントのこつ
    •    石橋 健一先生(府中みくまり病院)
    •  
    Ⅱ.シンポジウム
    15:00~15:45
    「これからの広島県精神医療の課題と展望 -広島県地域保健対策協議会(精神疾患専門委員会)の取り組みー」
    • 座長:山崎 正数先生(広島県診療所協会会長)
    • 1.「ー広島県地域保健対策協議会(精神疾患専門委員会)の取り組みー自殺対策(広島県自殺対策推進計画)」
    •    演者:志々田 一宏先生(広島大学大学院医歯薬保健学研究科 精神神経医科学)
    •  
    • 2.「発達障害医療支援体制ワーキング」
    •    演者:松田 文雄先生(医療法人翠星会 松田病院 院長)
    •  
    • 3.「アルコール依存症:広島県アルコール健康障害対策推進計画の策定の経緯と概要についての報告」
    •    演者:加賀谷 有行先生(医療法人せのがわ KONUMA記念広島薬物依存・地域精神保健研究所 所長)
    •  
    Ⅲ 特別講演
    15:50~16:30
  • 「精神医療の動向」ー第7次医療計画作成に向けてー
  • 座長:山脇 成人先生(広島大学特任教授 地対協・精神疾患対策委員会・委員長)
  • 演者:石井 知行先生(広島県精神科病院協会 会長)
  •  2016. 5. 7 第428回広島精神神経学会 
    日時 平成28年5月7日(土) 午後3時30分~
    場所 リーガロイヤルホテル広島
    Ⅰ.緊急シンポジウム
    15:30~16:55
  • 「新専門医制度の現状と課題:
  • 魅力あるプログラムで精神科志望者を増やすために」
  • 座長:石井 和行先生
  • メープルヒル病院理事長・日本精神神経学会理事)
  • 山脇 成人先生(広島大学精神神経医科学教授)
  • 15:30~16:15
  •  
  • 1. 基調講演「精神科新専門医制度の現状と課題
  •  演者:斉藤 利和先生(札幌医科大学名誉教授・日本精神神経学会前理事)
  • 16:15~16:25
  •  
  • 2.広島県における新専門医制度の申請状況
  •  演者:淵上 学先生(広島大学精神神経医科学)
  • 16:25~16:35
  •  
  • 3. 指定発言
  • ・町野 彰彦先生(広島大学精神神経医科学医局長)
  • ・和田 健先生(広島市民病院神経科主任部長)
  • ・山崎 正数先生(山崎神経科内科医院院長・広島県精神神経科診療所協会会長)
  • ・森 麻子(広島大学病院医科診療医)
  • ・荒木 基亮先生(広島大学精神神経医科学大学院生)
  • 16:35~16:45
  •  
  • 4. まとめ
  •  演者:石井 和行先生(メープルヒル病院理事長・日本精神神経学会理事) 
  • 16:45~16:55
  •  
  • 5.質疑応答
  •  
  • 16:55~休憩
  • Ⅱ.報 告
    17:00~17:45
  • 座長:竹林 実先生
  • (国立病院機構呉医療センター・中国がんセンター 精神科、同センター臨床研究部 精神神経科)
  • 高畑 紳一先生(県立広島病院 精神神経科)
  • 広島大学大学院精神神経医科学の最新研究情報
  • 1.うつ病研究拠点(平成28~平成32年度)採択決定
  •  日本医療研究開発機構(AMED):脳科学研究戦略推進プログラム
  •  演者:岡本 泰昌先生(広島大学大学院精神神経医科学准教授)
  •  
  • 2.マツダと連携した感性イノベーション拠点(平成28~平成33年度)継続決定
  •  文部科学省:革新的イノベーション創出プログラム
  •  演者:山脇 成人先生(広島大学大学院精神神経医科学教授)
  •  
  •  2015.12.12第427回広島精神神経学会 
    日時 平成27年12月12日(土) 午後3時10分~
    場所 リーガロイヤルホテル広島
    Ⅰ.一般演題
    15:10~15:50
  • 座長:佐伯 真由美 先生(広島県立総合精神保健福祉センター)
  • 15:10~
  • 1. 入院治療を必要とした神経性無食欲症の思春期男児
  • 演者:林 真紀 先生(大慈会 三原病院 精神神経科)
  • 2.電気けいれん療法(ETC)・Clozapine併用療法により遅発性ジストニアと精神症状が改善した総合失調症の一例
  •  
  • 演者:小林 弘典 先生(呉医療センター・中国がんセンター精神科)
  • 3. 未破裂内腸骨動脈瘤を合併した気分障害患者に関して電気けいれん療法(ETC)が奏功した1例
  • 演者:西村 健一郎 先生(呉医療センター・中国がんセンター精神科)
  • 4. 信頼関係を築く操作的方法 ー弁証法的関係手続きー
  • 演者:石橋 健一 先生(広島厚生事業協会 府中みくまり病院)
  •  
  • 15:50~休憩
  • Ⅱ.一般演題
  • 16:00~16:40
  • 座長:竹林 実 先生
  • (呉医療センター・中国がんセンター精神科、同センター 臨床研究部 精神神経科学)
  • 16:00~
  • 5.幻想妄想の治療中にうつ病を呈したパーキンソン病患者の一例
  • 安田 由美 先生(広島大学病院 精神科)
  • 6.幻想妄想を呈したてんかんの一例
  • 竹下 理 先生(県立広島病院 精神神経科)
  • 7.入院加療にて速やかに改善したパニック障害に合併したストレスレッグス症候群
  • 井上 俊一 先生(広島市民病院 精神科)
  • 8.広島県立総合精神保健福祉センターにおけるひきこもり支援
  • 佐伯 真由美 先生(広島県立総合精神保健福祉センター)
  • 16:40~休憩
  • Ⅲ.特別講演
  • 17:00~18:00
  • 座長:山脇 成人先生(広島大学病院 精神科 教授)
  • 国府台病院児童精神科での診療で経験したこと-とにかくつなげること-
  • 渡部 京太 先生
  • (国立国際医療研究センター国府台病院 児童精神科 診療科長)